プロフィール

The Whole Healing を訪れて下さり、ありがとうございます。

前田祐希(まえだゆき)と申します。

全米NO.1サイキック、パワーストーンに関しては世界的有識者でもあるロックガール®︎(Allison Hayes)の認定を受け、サイキックリーダー&パワーストーンヒーラーとして活動しております。


システムエンジニア、営業事務、アパレル業界を経験

私は、小学生の頃から数字や計算が得意でした。

それを活かして理系の分野に進み、日本興業銀行(現みずほ銀行)のシステム開発会社にSEとして就職しました。
勘定系オンラインシステムの設計/開発 主に基盤システムの構築に携わりました。組織の中で1つの大きなプロジェクトに携わり、目標に向かって進んでいく、とてもやりがいがありました。
深夜に及ぶ残業、休日出勤…月の残業時間が70時間を超えても大きな目標があったので、苦になりませんでした。

9年間の勤務、結婚を機に、退職。
 
この時代は、社内結婚は、女性が退職するのが当たり前でした

その後 通信機器メーカーに派遣社員として転職し、そこでは通信機器を販売する営業部門の統括事務や売上の管理、役員の秘書などを7年間、経験しました。
販売促進という部署で、全国の営業所の営業マンと接して仕事をしていく中で、
「売れる営業マン」と「売れない営業マン」に興味を持ち始め、
人と関わる、物を売るということはどういうことなのか…を考えるきっかけになりました。

30代後半になった時、営業事務の仕事だけしていては、この先がないなと感じ始め、人生後半、幼少の頃から好きだったバッグやアクセサリーを扱う仕事に就こうとアパレル業界への転職を決意。

売れる営業マンについて、色々研究していた中で、自分でも物を売ることをやってみたくなったのも転職した理由の一つにあります。

しかし、39歳になるところで、中途採用での求人に応募してもなかなか履歴書が通りませんでした。書類を作成する時間ばかりが取られ、本当に就職できるか。。悩んでいました。

ある時、用事があって広尾に行った帰り、急に代官山に行きたくなりました。
たまたま通りがかったフランス製のブランドの求人募集を目にしました

好きなブランドなら続けられるかも。
そんな思いで立ち寄ったお店で、百貨店へ初めてお店を出すため、スタッフを募集していたのでした。

百貨店勤務は、やったことがないし、、どうしようかと悩んでいたら、
その百貨店にお店を出す日が、なんと私の誕生日だったのです。

そのことを聞いて、これは運命の出会いかもしれない!
そう思って、就職することにしたのです

そう「たまたま」が重なって、私はアパレル業界での仕事をスタートさせたのです。

初めての会社、初めての販売、初めての百貨店勤務、初めての店長(なんと最初から店長勤務だったのです)
初めてずくしの中で、販売スタッフとしてのキャリアがスタートしました。

思いのほか、そのブランドの売上は順調で、百貨店では、坪単価の売上NO.1を記録、毎月百貨店から課せられた予算のクリアなど達成してきました。

そして、その会社で2年間、店長&販売を経験したのち、もっと他の経験をしてみたいと思って、フリーランスのスタイリストとして活動開始。


バッグの販売をとことんやりぬき、今度は、好きなアクセサリーの販売をしたいなと思っていたところ、
知人から、ジュエリー作家の方のオリジナルの作品を展示販売するお手伝いをしないかと誘われて、仕事を開始することになりました。

私は、アクセサリーなどの小物は、1点ものや個性のあるものが大好きなのです、作家さんが作るのも1点もの。。
という自分の好みにも合いそうだなと思って、仕事をお引き受けすることになりました。

ここで、天然石というものに出会うことになるのです

しかし、天然石については、元々興味がなく、石についての知識もなかったのですが、仕事上 必要な知識なので、市販の本を買ったりして勉強を開始しました。

色んな機会に恵まれ、40代半ばまで自分の直感にしたがい、充実した毎日を送ることができていたと思います。


人生の転機…実妹の乳ガン

2011年夏、突然 妹が乳ガンの宣告を受けました。

抗がん剤が効かない種類のガンであることを告げられ、妹は必死でした。
それでも先生の言葉を信じ、抗がん剤治療、放射線治療と続け、初期のガンだったし、大丈夫と思っていました。

私は、金銭的な援助と自然療法などを一緒に探したり、とにかく病院の治療以外のことを探し始めました



2014年夏、妹のガンが肺に転移。すでに末期の状態でした


私は、それでも何かできることはないのか…そう考え、奇跡を信じ、自然療法などを模索、肺に溜まった水を取り除くため、自然療法の先生を探し、私自身がそれを実践できるように身につけました

仕事も辞め、妹のサポートに全力を注ぎました。

毎日のように病院に通い、自然療法を施し、そして退院してからは、妹の家へ食事を作りに行ったり、サポートし、とにかく自分の時間とエネルギーを全て妹のためにささげる日々でした。

しかし、妹の体調はよくはならず、私は、妹をサポートするどころか自分自身に対しても限界を感じていました。
気力がなくなってきたのです。

周りの人は、私が妹の家に行くことも賛成してくれず、旦那さんは仕事をしていない私への金銭的なサポートもなかったので、自分の貯金を切り崩しての毎日でした。

私自身、孤独を感じて、、誰も味方がいない。
こんなことなら自分が先に逝ってしまえばいい!
そう思う日ばかりでした。もう何もかもが限界まできていました!

様々な治療、努力も虚しく、2015年春…妹は天国へ旅立ちました。

亡くなる直前の妹の最後の言葉は…

「やりたいことが何もできなかった」 でした。

私は、治療にばかり時間を費やすのではなく、もっと違うことをさせてあげればよかったのでは…

という後悔と罪悪感、喪失感から、これから自分は、どう生きていったらいいのか….
あの時、妹にもっとこうしていれば。。。と自分で自分のことを責めていました

その答えが見つからないまま、私は、家族との関係は崩壊し、ただ生きている日々、生活しているだけの状態となりました。

生きる目標とか、将来の夢や希望など考えることもできませんでした。
ただ、毎日があっと言う間に過ぎていくだけの日々でした。

<冴えない日々↓>
旅行に行っても楽しんでいない雰囲気が漂う…



ロックガール®︎(Allison Hayes)との出会い

そんな生活が続いた2016年6月、全米NO.1サイキックに選ばれたロックガール®(Allison Hayes)と出会いました。

彼女を日本へ誘致したのは、礒一明さんで、私は礒さんのメルマガを購読していました。

それも妹のガン治療のために、瞑想用のCDを購入したことがきっかけでした。それがなければ、きっとロックガールには、出会ってはいなかったと思います。

ロックガールについて

彼女との出会いが私の人生を大きく変えることになったのです。

たまたま出会ったパワーストーン。
それも私が、天然石を扱う仕事をしていたので、何か仕事に繋がる知識が得られればいいなと思って、
「パワーストーンヒーラー養成講座説明会」へ参加をしました。
ヒーラーになる、スピリチュアルに目覚めるとか、何かが見えるなど全く興味がありませんでした。ただ、パーストーンの知識を得て、帰る予定でした。

しかし、私は、その会場から帰ってはいけない!
そんな目に見えないエネルギーを受け取ったような気がして、最後は、思い切って、講座を申込ました。

講座が始まっても、わからない言葉だらけ、、スピリチュアルなことにはまったく興味がなかった私が、どうしてこれをやっているのかわかりませんでした。

でも私はこれをやる!と決め、途中で投げ出したくはなかったので、
まずはこれがどんなメソッドなのか。。と彼女が教えるメソッドの習得に励みました。

技術の習得と共に、私は、自分自身に対するヒーリングで、私の中に抱えてきていた悲しみが少しずつ癒されてきました。

自分自身を取り戻し、人生を前向きにやりたいことをやろうと気持ちが変わってきたのです。

母なる大地が生み出したパワーストーンの力と大地のエネルギー、天のエネルギーを使ったヒーリングによって、私は、人生のどん底から徐々に回復してきました。

そして、少しずつ 私は、ヒーリングを通じて、自分の人生について熟考し始めました。

なぜ、妹の死を経験しなければなかなかったのか、その経験の意味するところは何なのか、私にとって何の学びがあったのか…

来る日も来る日も自分自身へヒーリングを続けました
問い続けたのです

そして、過去生でやり残したことに気づいたのです。

私のやりたいこと…それは、

このヒーリングのすばらしさ、地球が生み出したパワーストーンの素晴らしさをもっと多くの人に伝えていくこと、多くの人が癒され、自分自身を取り戻し、より豊かな人生を送るお手伝いをすることが、私の使命!と思うようになりました。

妹の死は、自分が本当にやりたいことはなんなのか…それを真剣に考えるきっかけを与えてくれたのでした。


ヒーリングで本来の自分を取り戻す

私は、パワーストーンヒーリングのおかげで、妹の死という悲しみを体験、そこから癒されるだけではなく、悲しみを乗り越えるという経験が必要だったんだ…と気づくことが出来できました。

パワーストーンヒーリングは、悲しみなどの癒しの効果だけではありません。

悲しみ以外の部分(トラウマやブロック…様々な自分自身とも言えるかもしれません)が癒されることで、自分の魂との繋がりを感じることができるようになります。

私自身が、癒しが進んでいくと、今度は周りの人に届けたくなりました。
旦那さんとのギクシャクしていた関係も、ヒーリングを行っていくうちに、変わっていきました。

旦那さんも癒しが進み、妹の闘病中に私に対して言えなかった本当の気持ちを打ち明けてくれるようになりました。

そうして、お互いが、これからの人生について語りあえるようになった時、人生が開けてきたように思いました

旦那さんは、ヒーリングセッションを週に何度も受けてくれるようになり、これは私自身の技術の向上のための練習でもあったわけですが、
それによって、旦那さんの人生に変容が始まりました

会社での昇給、昇格、直感力が冴えてきて、サイキック感覚が出てきたり、いつの間にか旦那さんもスピリチュアルな分野に興味を持って、携わるようになりました

いつしか、夫婦でスピリチュアルなイベントに出展するようになったのです。
私は、サイキックリーダーとして。旦那さんはサイキックアーティストとして。

↓絵を描く旦那さん



こうして、夫婦の関係が改善し、悩みがなくなってきて、今度は他の人達にもこのセッションを提供したいと思うようになり、個人セッションを開始することになりました


今では、色んな方とのご縁を頂戴し、そのお一人お一人とのご縁を大切に、パワフルでありながらその方の本来のエネルギーにしていくセッションをお届けしています

自分のエネルギーが変わると、未来が変わってきます。
それを実践、実現するのが、本物のパワーストーンの力です。

礒さん、ロックガールとの出会いから全てが、宇宙の導きによって、与えられたギフトなのだと思うと嬉しい限りです


これからも人々が、人生をより豊かにしていくお手伝いができたらと思っております

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました

——————————————————-
エネルギーを変えれば、未来が変わる
前田祐希 Yuki Maeda
maedayuki20170609@gmail.com
———————————————————–

【認定】
ロックガール®認定パワーストーンヒーラー
ロックガール®認定エンジェルヒーラー
ロックガール®認定過去生ヒーラー
ロックガール®認定サイキックリーダー
ロックガール®認定エンジェルリーダー
ロックガール®認定パワーストーンマスター

reikiマスター(臼井)
reikiヒーラー(カルナ、スピリット)

カラータイプ協会 カラータイプインストラクター
東京商工会議所 カラーコーディネーター